サッカーしたくてもできない子どもたちの「環境」を変える


love.fútbolは、サッカーしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、世界中でコミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくりを通じて、子どもたちに安全な場所、支え合う仲間、成長の機会の提供に取り組む米国のNGOです。

ストリートサッカー中に交通事故で亡くなってしまう子どもがいる問題を背景に、「サッカーが好きな世界中のすべての子どもが安全にサッカーできるグランドのある社会」を目指しています。

love.fútbolが活動を始めた理由


世界に行くと路上、路地裏、公園と呼べないような空き地などあらゆる場所で子どもたちがサッカーをしています。グランドはいびつな形をしたスペースにすぎなくて、ゴールは靴や石だったり誰かの家の壁だったり。ボールはビニール袋を紐でくるんだ丸いものかもしれません。

その光景を見て私たちは、不完全な場所をグランドに変えて楽しむ子どもたちの創造力と、何よりも彼・彼女らのサッカー愛を感じざる得ません。

しかし、その一方でそうしたサッカー愛が報われていない、ある種の違和感を感じるかもしれません。

世界には多くの子どもが普通のグランドで普通の試合をすることができません。

路上でサッカーしている時に車ではねられて亡くなってしまう子どももいます。

子どもたちがストリートサッカー中に交通事故で亡くなってしまう現状を目当たりにし、 「サッカーが好きな世界中のすべての子どもが安全にサッカーできる場所をつくろう」という想いで love.fútbol は誕生しました。

ただし、単に子どもたちが安全にサッカーできるグランドを作り、与えるだけで 根本的な解決になりません。

本当に解決すべき課題は、子どもたちが路上でサッカーをしなければならない背景にあります。

その背景とは、貧困や治安、不就学、経済不況といった町の社会課題そのものです。

そこでlove.fútbolは、「グランドづくり」と「町の課題を解決する」ことを実現するため、 町に暮らす人たちを主役とするコミュニティ型のサッカーグラウンドづくりを始めました。


love.fútbolについて


【ビジョン(目指す社会像)】

世界中のすべての世代が安心してサッカーを楽しめる世界

【ミッション(使命)】

世界中の地域コミュニティと協力し、社会成長のプラットホームとしてのサッカーグラウンドをつくる

【団体概要】

設立      :2006年

本部所在地   :米国ワシントンD.C.

支部      :ブラジル(Recife)、日本(神奈川)

プロジェクト実績:9カ国に計42グラウンド

(グアテマラ9個、ブラジル16個、メキシコ5個、コロンビア・インド・米国各2個、アルゼンチン、エジプト、オーストラリアで各1個のグランド: 2019年10月末時点) 過去プロジェクトの様子はこちらからご覧いただけます。

website    :http://www.lovefutbol.org

【本部(USA)】

love.fútbol

WASHINGTON, DC / USA

E-MAIL: INFO@LOVEFUTBOL.ORG

PHONE: (202) 251-4236


love.fútbol BRAZIL: 

Recife / Brasil  

Rua Marques Amorim, 356 B - Ilha do Leite, 

Recife - PE, 50070-330


love.fútbol JAPAN

Kanagawa


【サポーター選手の例】