love.fútbol Japanは、サッカーしたくてもできない子どもたちの「環境」を変えるため、国内外で以下3つの事業を実施しています。


1. コミュニティ型のサッカーグラウンドづくり


地域のNPO・住民を主役とするコミュニティ型の手法によるサッカーグラウンドづくりを通じて、子どもたちに①安全な場所、②支え合う仲間、③成長する機会が備わった居場所を届けています。

2018年はブラジル・レシフェで実施。2019年以降は日本・アジア(カンボジア、インド、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ)を対象地域に実施していきます。

<現在のプロジェクト>

■  インド・ムンバイ、ダラヴィ地区でのグラウンドづくり


<過去のプロジェクト>

■  「子どもの命」を守るサッカーグラウンドづくり(ブラジル・レシフェ/ 2018年)

子どもたちが交通事故、薬物犯罪による命の危険性が高い地域「ブラジリア・テイモーザ」にて、日本から200名以上の支援者の協力を得て、プロジェクトを実施。サッカーグラウンドに加え、その一帯の公園や休憩所も整備。完成後は、700人の子どもと大人が安心してスポーツを楽しめる場所になっています。

また、地域の大人たちが子どもたちを交通事故・薬物・犯罪の危険から守り育てていこうという意識に変化したことは、今後のグラウンドと町を支える大きな財産になっています。

プロジェクト報告書はこちら。


2. 50PJ

「あなたがスポーツをするだけで、子どもたちが安心して遊べる場所がつくられる」

50PJは、あなたがスポーツをするだけで50円が寄付になり、子どもたちが安心して遊べるスポーツグラウンドづくりにつながる、というプログラムです。個人でも法人でも手軽に参加できることが特徴です。


世界には、50円あれば1人の子どもが1時間、安全な場所でサッカーができる国があります。

50PJでは、50PJに賛同する企業・個人が提供する健康プログラムやスポーツイベントに一人が参加するたびに50円がLFJに寄付され、LFJが日本・アジアで子どもたちの安全なスポーツグラウンドをつくります。寄付は、導入法人・個人または利用者の参加費から支払われ、一定の金額が集まったところでLFJが日本・アジアで子どもたちのスポーツグラウンドをつくります。2019年2月までに255名が参加。

特設webサイトはこちら。


3. 地域貢献型のスポーツ施設づくり支援

日本でも子どもを支えるのは地域コミュニティです。一方で現状の日本社会では、子ども・若者・親・高齢者、どの世代も生活課題を抱えており、これから地域またはコミュニティによる共助がさらに求められてきます。そこで注目されているのがスポーツ施設だと言われています。日本のスポーツ施設数は約19万。コンビニの約4倍です。場のコンセプト、つくり方、活用の方法を工夫することで、地域の人が集まり共助を高める機能性と、数を活かした展開力が期待されています。

love.fútbol Japanでは、スポーツ施設のコンセプト策定から、施設を拠点とした地域づくり運営まで企業のニーズに合わせたサポートをしています。


■ローヴァーズスポーツパーク印西(2018年〜)

カレンロバート選手が代表を務めるローヴァーズが2018年7月に千葉県印西市でローヴァーズスポーツパーク印西をオープン。スタッフのみなさんと施設のコンセプトを策定するワークショップを実施し、コンセプトは「地域と人をスポーツでつなぐ」に決定。グラウンド完成後、このコンセプトに基づき、グラウンドを拠点とした地域活動を実施している。